ピンキッシュボーテ 産後

産後の乳首の黒ずみケア

産後はホルモンバランスが変化するために、
乳首の色が濃くなっていきます。

 

個人差があり、あまり濃くならない人もいますが、
かなり濃い色になる方もいらっしゃいます。

 

乳首の黒ずみは、もう戻らないのでしょうか?

 

美白クリームのようなものでケアするのも一つですが、
授乳中は使用は控えた方が良いでしょう。

 

どうしても赤ちゃんの口に入ってしまいます。

 

美白クリームは、卒乳してから使用したいものです。

 

では、卒乳まではどのようなケアがよいのでしょうか?

 

 

 

 

 

【乳首の黒ずみのケア】

 

新陳代謝を促進させる

黒ずみはメラニン色素が排出されることで改善されます。
そのためには、肌のターンオーバーが重要です。
新陳代謝が促進されると、ターンオーバーも促進され、
黒ずみの原因のメラニン色素の排出が促されます。
入浴などで血行を良くしたり、規則正しい食生活をすると良いでしょう。

 

活性酸素を抑制する

体を錆びさせて老化を招く活性酸素の働きを抑制することができると、
メラニン色素ができにくいと言われています。
そのためには、活性酸素を抑える食品を積極的に、
摂るようにしましょう。
βカロテンを多く含む、カボチャや人参がおすすめです。
また、リコピンを含むトマトも良いでしょう。

 

質の良い睡眠をしっかりとる

黒ずみを改善するためには、肌のターンオーバーが大切です。
そのためには、質の良い睡眠が重要となります。
産後は、赤ちゃんの夜泣きやおむつ替えなどで、
なかかな睡眠時間を確保できないため、
眠りが浅くなり新陳代謝も悪くなってしまいます。
就寝はなるべく決まった時間にするようにし、
生活のリズムを整え、質の良い睡眠をとるよう心がけましょう。

 

ストレスを溜め込まない

様々なストレスにさらされている現代人。
ストレスは、交感神経が優位に働かせるので、
常に緊張している状態にさせます。
すると、心拍数が上がり体に負担をかけ活性酸素を増やします。
すると、メラニン色素の生成が促され黒ずみが改善しにくくなります。
子育ては不安がつきもので、常にストレスと向き合っています。
しかし、リラックスした気持ちも持つよう心がけ、
なるべくストレスを溜め込まないように。

 

運動を適度にする

適度な運動は代謝を促進させ、肌ののターンオーバーを、
活性化します。

 

ブラジャーを改める

乳首の黒ずみは、ブラジャーの摩擦が一因になることも。
小さすぎてもいけませんし、逆に大きすぎても、
カップの中で乳首が動き、擦れて良くありません。
ちょうど良いサイズのものを着けるようにしてください。

 

 

これらの方法は、体に負担をかけずに実践できる、
乳首の黒ずみ対策です。

 

どれか一つからでも試してみてくださいね。

 

また、卒乳が終わった産後の乳首の黒ずみケアには、
それに特化した商品を使うのもおすすめです。

 

何とリピート率95%と高い支持を得ている美白クリーム、
ピンキッシュボーテなら、今初回実質0円で試せるチャンスです。

 

 

ピンキッシュボーテの初回実質0円キャンペーンはこちら